部会構成・分科会

本部会では3つの分科会で研究活動を行っています

学融合分科会
エネルギー・環境問題を総合的視点で捉え、自然科学から人文・社会科学まで多種多様な分野を包括しうるような俯瞰する知としての「エネルギー学」の構築を目指し、活動しています。

エネルギー教育分科会
多角的な側面からなる「エネルギー」について、その採掘・収集、変換、消費の体系を理解するとともに、持続可能な発展のための基盤となるエネルギー教育の方法論や支援ブログラムの策定を目指し、活動しています。

エネルギー政策分科会
エネルギー政策の形成や実施への個人やグループ、国、国際的協調など多様な参加者と参加形態を視野に入れ、工学をはじめとする各学問分野のエネルギーに関する知見を活用しつつ、社会において考慮すべき様々な要素のバランスを取り、調和を図っていくエネルギー政策のあり方について提示することを目指し、活動しています。