第44回石炭科学会議開催案内

2007年10月11日(木)〜13日(土)


 
主催 日本エネルギー学会 石炭科学部会
共催 化学工学会 エネルギー部会、秋田大学工学資源学部
協賛

 
新エネルギー・産業技術総合開発機構、石炭エネルギーセンター、石油学会、
触媒学会、日本ガス協会、日本鉄鋼協会、日本燃焼学会
 
 本会は発足当初(大正11年)より石炭の基礎的研究や利用に関する研究に対して発表の場を提供してきました。本会議はその延長線上にあり、石炭を研究される皆様のご支援により第44回を迎えます。本会議の目的は、研究発表と相互討論を通じて、石炭、重質油等の科学の本質を明らかにするとともに、バイオマスやリサイクル関連も含めたエネルギー利用技術に関する問題解決の道を探究することにあります。
 今回は75件の研究発表のほか、東北大学名誉教授富田彰先生、国際教養大学教授学務部長マーチン・シュローダー先生より特別講演を、さらに4件の基調講演のほか「エネルギー学」部会と石炭科学部会内「次世代の石炭利用を考える会」との共催シンポジウムも企画しております。3日目には秋田の木質バイオマス発電所、地熱発電所を巡るテクニカルツアーを予定しております。  
 多数のご参加をお待ちしております。
16dbal05b.gif (1027 バイト)日 時 研究発表・特別講演−2007年10月11日(木)、12日(金)
テクニカルツアー  −      10月13日(土)
16dbal05a.gif (1027 バイト)会 場

秋田ビューホテル(秋田市中通2-6-1 Tel.018-832-1111 
 アクセス→http://www.akitaviewhotel.jp)

 A会場(4階飛翔の間A)/B会場(4階飛翔の間B)/C会場(5階牡丹の間)
 本部(5階菊の間)

16dbal05a.gif (1027 バイト)懇親会 10月11日(木) 17:30頃〜 於秋田ビューホテル 4階飛翔の間

16dbal05a.gif (1027 バイト)プログラム

(ゴシック体は発表No.)

会場

A会場

B会場

C会場

10月11日(木) 午前

1− 9
 9:00−12:10

28 − 36
 9:00−12:10

53 − 59
 9:00−12:10

午後

10 − 12
13:00−14:40

37 − 39
13:00−14:40

60 − 64
13:00−14:40

特別講演
15:00−17:00

---------

10月12日(金) 午前

13 − 20
9:00−11:50

40 − 47
9:00−11:50

65 − 71
9:00−12:10

午後

21 − 27
13:00−17:30

48 − 52
13:00−14:40

72 − 76
13:00−15:00

テクニカルツアー
プレ講演
15:40-16:20

「エネルギー学」部会・「次世代の石炭利用を考える会」共催シンポジウム
15:00-17:00

---------


◆研究発表: 詳細→ program(案)

◆特別講演:10月11日(木) A,B会場
 15:00-16:00 「これからのエネルギー・環境問題にどう対応するか」 富田 彰(東北大学名誉教授)
 16:00-17:00 "Entropy Balance in Climate Changes"  マーチン・シュローダー
                                                                                              (国際教養大学 教授・学務部長)

                       
◆基調講演:
 10月11日(木) 10:30-11:10  C会場 
   「Pyrolysis Modeling with Enhanced Predictive Capabilities」
                              Marek A. Wojtowicz (Advanced Fuel Research Inc.)
 10月11日(木) 13:00-13:40 B会場
   「An Overview of Elemental Modes of Occurrence in Coal」
                                       Frank Huggins (University of Kentucky)
 10月11日(木) 14:00-14:40 A会場
   「石炭タール由来の炭素製品」                       林 慎治(新日鐵化学(株))

  10月12日(金) 10:30-11:10 C会場
   「コークス製造技術の現状と今後の課題」        加藤健次(新日本製鐵(株))

◆「エネルギー学」部会・「次世代の石炭利用を考える会」共催シンポジウム:
  10月12日(金)  15:00-17:00 B会場
   「エネルギー学から見た石炭利用のあり方」    
                                                                       総合司会:松村幸彦(広島大学)
   ・「エネルギー学」部会概要と今後の展開 山地憲治(東京大学、「エネルギー学」部会長)
   ・「エネルギー学」の視点で政策を考える 国吉 浩(東京工業大学、エネルギー政策分科会長)
   ・石炭と再生可能エネルギー(バイオマス):「エネルギー学」の立場から  坂西欣也(産総研)
   ・IGCCの開発動向と今後の石炭利用技術(仮題) 梶谷史朗(電中研)
    総合討論;コメンテーター 手塚哲央(京都大学)、関根 泰(早稲田大学)

◆テクニカルツアープレ講演:10月12日(金)  15:40-16:20 A会場
       「能代木質バイオマス発電所設立の経緯」 佐藤文秀(秋田県山本地域振興局)
       「澄川地熱開発及び発電状況」           林 直人(八幡平地熱(株))

◆テクニカルツアー:10月13日(土)
バイオマスエネルギー、地熱エネルギーの利用現場を訪問し、紅葉の八幡平国立公園を駆け抜けるバスツアー。

8:00 秋田市出発(詳細は別途連絡)
10:00-11:00 木質バイオマス発電所(秋田県能代市)見学
12:00-12:30 昼食(八幡平国立公園内)
13:30-14:30 澄川地熱発電所(秋田県鹿角市)見学
17:30 秋田駅着
(途中、新幹線こまち停車駅/田沢湖駅、秋田空港に停車します。)

テクニカルツアー参加、ホテル・交通手段の申込方法
期間中は、秋田わか杉国体のため秋田市内の宿泊が込み合うことが予想されます。

JTB秋田支店殿にテクニカルツアーのほか宿泊ならびに交通手段予約の受付窓口になっていただいております。
下記ホームページでは宿泊・テクニカルツアー予約の申込受付を 9/7(金)までとしておりますが、まだ受付可能ですので早めにお申し込み下さい。 


 ◆宿泊等案内ホテル案内図 
 → ◆申込書(テクニカルツアーのみ予約申込みの場合でもそのままご利用下さい。)

なおテクニカルツアー参加費は、会員、非会員、学生に限らず一律 4,000円/人 です。


Pencil_and_Paper31E5.gif (245 バイト)参加申込要領  
参加申込締切  2007年10月4日(木)
参加費(消費税込み)
全会場共通
6,000円(学生) ※1 14,000円(会員) ※2
16,000円(協賛団体会員) ※3 20,000円(一般)

※1
学生会員および非会員学生
※2
日本エネルギー学会の正会員、維持会員および賛助会員
   (当会の維持会員、賛助会員の名簿は上記維持会員賛助会員
    リンク先です。ご確認下さい。)
   化学工学会の会員
※3 本事業に協賛いただいた団体の個人会員、維持会員

*発表者もお申し込み、お支払いください。
申込み方法 事前申込は終了しました。

※現地で当日受付をいたしますので,
どうぞご参加ください。
申込み先
(お問合せ)
yuubin1.gif (842 バイト)101-0021 千代田区外神田6-5-4 偕楽ビル(外神田)6階
社団法人 日本エネルギー学会 「石炭科学会議」 係
dennwa.gif (845 バイト)03-3834-6456 /fax 03-3834-6458 E-mail events@jie.or.jp
参加費支払方法 事前にお振り込みください。当日現金も可能です。
(欠席・解約の場合、返却できませんので予めご了承ください。 )
郵便為替 振替口座00170-9-55504
(社)日本エネルギー学会
銀行振込 三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店 (普) 1772623
三井住友銀行 上野支店 (普) 7469252
〔口座名義:(社)日本エネルギー学会〕

*参加証は当日受付にてお渡しいたします。


--------------------------- き り と り 線 ---------------------------

FAX.03−3834−6458
(社)日本エネルギー学会 行

第44回石炭科学会議 参加申込書

氏名(フリガナ)   TEL.
  
 
FAX.
  
 
E-mail
  
 
勤務先名
(大学名)
 

部署名
(研究室名)

 
住所
参加者区分 会員(日本エネルギー学会・化学工学会)  学生  
協賛団体会員(              学会・協会)  一般 
参加費   (会員)14,000円、(学生)6,000円、 (協賛団体会員)16,000円、 (一般)20,000円
研究発表会          出        欠

懇親会(無料)

        出    欠
送金方法 当日現金    郵便振替
銀行振込(       銀行、振込予定日:  /  )
※当該個所を○で囲んでください。
※銀行振込の場合、振込先及び振込予定日をご記入ください。
※参加者区分の協賛団体会員は所属団体名を明記してください。
(通信欄)




 

    イベント案内

トップページに戻る