〜ご挨拶〜









部会長 志賀 聖一
燃焼部会と燃焼研究の重要性

最近,老舗学会と言われるほとんどは会員数の減少に悩んでおり,唯一自動車技術会が増加し続けていることを知った.学会の役員や委員会の上層部を構成する方々は,かつての停年付近かそれを越えた年齢で,したがって新しいものを吸収する意欲はもちろん人にもよるが,決して旺盛とは言えないであろう.そういう人たちのための学会は,ともずれば若い会員にとって魅力的ではないのかも知れない.自動車技術会のフットワークの高さはさすがメーカー主導を謳うだけあると感心させられる.すなわち,学会のニーズをいかに正しく汲み取り,それを活動に反映させられるかが重要ではないだろうか.さて,わが燃焼部会はどうか.燃焼学会との連携もなく,分野の近い微粒化部会との連携も目下実現していない.日本エネルギー学会のなかでの存在意義が問われている.それに私たちは真摯に答えなければならない.

いっとき,ガソリンエンジンは電気動力にとってかわられるとの風潮があった.製造業にあっては,モーターに切削加工はいらない.プレスだけでいいから,切削や研削加工,すなわち高度な工作は不要になるとまでささやかれた.しかし,ハイブリッドを入れた電気動力の導入は2030年においておおむね50%との予測が最近の自動車技術会で行われたフォーラムでだされている.心なしか燃焼関連を専攻する学生の就職も元に戻りつつあるように思える.かつて,MITのジョン・ヘイウッドは,内燃機関の歴史は古く,したがって多くのAlternativesが出現したと言った.ガスタービン,燃料電池,そしておそらく彼の目には今日のEVもその一つに写っているであろう.エネルギーの蓄積は人類の夢であると昔教わった.夢を追求する研究は重要であるが,現実を改善する努力を怠ってはいけない.



戻る

燃焼部会ホームページTOPへ