コークス工学研究部会

日本エネルギー学会 > 部会だより > コークス工学研究部会

 > 部会概要 ・ メンバー一覧 ・ リンク


<部会概要>

 コークスは主として、製鉄用、鋳物用に使用されるが、その他に種々の燃料、カーバイド、炭素材製造用原料としても利用され、その用途は広いものです。
 わが国で製造されるコークスの90%以上は製鉄用に使用されています。製鉄用コークスは、高炉で鉄鉱石を還元する際の還元材として使用されます。
 コークス製造の歴史はヨーロッパにおいて17世紀頃より塊炭を山積みして、内部より塊コークスを得る「野焼法」が始まりと考えられます。その後、時代の進展とともに近代的なコークス製造設備に進歩し、最新のSCOPE21プロセスの研究では、石炭を急速加熱処理することにより非微粘結炭の性状を改質し、コークス製造用の石炭資源を拡大する技術が提案されています。

 コークス製造法は、石炭をコークス炉内で乾留することにより、軟化溶融、再固化、強度発現の過程を経てコークスが製造されるプロセスです。本プロセスをさらに発展させるために、現在、石炭資源、石炭の軟化溶融機構、省エネルギー問題、ガス・油分などの副産物の高度利用技術、炭素構造発達機構など、石炭科学およびエネルギー使用技術に関連する興味深いテーマが多数研究されています。

 そこで本部会では、大学、国研機関における研究シーズと、企業での技術開発上の問題点からの研究・技術ニーズとの共用および情報交換を目的として、学会等における研究成果の発表と討論を実施します。また、日本における技術の更なる向上と海外との連携を深めるために、国内はもとより、海外も含めたコークス研究・技術開発の情報を提供します。さらには、次世代のコークス製造、利用技術を担う若手研究者、技術者の育成を目的として、勉強会での集中討論や見学会開催による情報収集を行います。

 本部会に興味のある多数の皆様のご参加をお待ちしております。

<活動方針>

 

  1. 日本エネルギー学会大会、石炭科学会議などにおける研究成果の発表と討論を行う。
  2. 海外、国内のコークス研究に関する情報発信の機会を設ける。
  3. 若手研究者との技術交流、技術討議の場を設ける。

<活動内容>

  1. 石炭科学会議を共同で開催する(石炭科学部会、コークス工学研究部会、1回/年)
  2. 若手の勉強会・見学会を開催する(1回/年)、日本エネルギー学会のホームページに掲載。
  3. 幹事会;約3回/年

トップへ戻る

(2006.6.12 部会概要更新)