2006年1月17日(火)−1月18日(水)


約200名の参加で盛会でした。第2回は来年1月、広島にて開催の予定です。

 
主催 日本エネルギー学会 バイオマス部会
協賛 アルコール協会,エネルギー・資源学会,環境経済・政策学会,科学技術振興機構,化学工学会,紙・パルプ技術協会,下水道協会,触媒学会,新エネルギー・産業技術総合開発機構,新エネルギー財団,森林バイオマス利用学会,森林利用学会,石油学会,日本ガス協会,日本機械学会,日本森林学会,日本太陽エネルギー学会,日本農学会,日本木材加工技術協会,日本木材学会,日本有機資源協会,農業土木学会,農林水産技術情報協会,バイオインダストリー協会,バイオマス利用研究会,廃棄物学会,木質バイオマス利用研究会
 バイオマス・ニッポン総合戦略の策定以来,バイオマスに対する関心はますます増加しています。バイオマスに関係する分野は多岐にわたることから,バイオマスの専門的な会議を開催して,関係者が集中して議論することが重要です。この度日本エネルギー学会ではわが国で初めてのバイオマス科学会議を開催することになりました。今回80件近くの発表が行われるとともに特別講演、パネルディスカッションを行います。この会議が日本におけるバイオマスのさらなる発展に寄与できるよう、多数の皆様に参加いただき、活発な議論をしていただきたいと望んでいます。

16dbal05b.gif (1027 バイト)日 時
平成18年1月17日(火),18日(水)
16dbal05a.gif (1027 バイト)会 場

東京大学 安田講堂

16dbal05a.gif (1027 バイト)懇親会 平成18年1月17日(火)18:00〜20:00  東京大学 山上会館

スケジュール

 1月17()

午前

9:00-9:10 開会挨拶
9:10-10:45 セッション1:技術1
11:00-12:35 セッション2:技術2

午後

13:40-14:40 ポスター1
14:50-16:25 セッション3:導入・システム
16:4018:00 【特別講演】
18:1020:10 懇親会(山上会館)
 1月18()

午前

9:00-10:35 セッション4:資源
11:00-12:00 ポスター2

午後

12:40-14:15 セッション5:政策
14:3016:30 【パネル討論会】
16:30-16:45 ポスター賞授与、閉会挨拶

発表要旨原稿締切
2005年12月12日(月)までに 申込先に 2部 郵送してください。
・要旨集の印刷書式は、書式は<http://www.jie.or.jp/youshi_syoshiki_b.htm>をご参照ください。
・テーマ名、執筆者名変更の連絡は、印刷の関係でこの日までといたします。



特別講演
< 1月17日(火) >16:40〜18:00  座長 山地憲治 (バイオマス部会長)
   「 我国の新エネルギー政策とバイオマス 」
           東京農工大学大学院共生科学技術研究部 教授 柏木孝夫先生

パネル討論会
< 1月18日(水) > 14:30〜16:30 
   「 バイオマス温故知新:ブームから本流へ 」
        
  [コーディネーター] 横山伸也(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
           [パネリスト](各15分+45分討論)
            木谷 収(日本大学大学院総合科学研究科教授)
            熊崎 實(岐阜県立森林文化アカデミー学長)
            藤本 潔(農林水産省大臣官房環境政策課長)
            泊 みゆき(NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク理事長)
            坂西欣也((独)産業技術総合研究所バイオマス研究センター長)

[趣旨]: 過去,石油ショックの際にもバイオマス利用の機運があったが,その後の石油価格の安定により導入には至らなかった。今般,バイオマス・ニッポン総合戦略が策定されて以来,バイオマスに対する関心はますます増加しているが,この流れをブームで終わらせることなく本流にしなければならない。本パネル討論会では「温故知新」をキーワードに,過去のバイオマスブームを振り返りつつ,現在のバイオマスブームを本流に仕立てていくために必要な課題などを討論する。

◇論文発表 → 上記スケジュール中の当該部分をクリックください。

Pencil_and_Paper31E5.gif (245 バイト)参加申込要領
@申込締切 2006年1月11日(水) 17時  ※これ以降は当日会場にて受け付けます。
A参加費
snkal01.gif (64 バイト)会員

14,000

snkal03.gif (64 バイト)学生

6,000

snkal10.gif (64 バイト)バイオマス部会員

15,000

snkal10.gif (64 バイト) 協賛団体会員

16,000

snkal02.gif (64 バイト)一般

20,000

*本会維持会員の所属者は会員扱いです。
*協賛団体維持会員の所属者は協賛団体会員扱いです。
*発表者もお申し込み、お支払いください。
*なお、懇親会は無料です。
B申込み方法 参加申込書の内容をE-mail送信ください。
E-mail送信が不可の場合は申込書に記入しFAXください。

・氏名(ふりがな):
・勤務先:
・部署名:
・所在地:〒
・TEL.:
・FAX.:
・E-mail:
・参加者区分:会員  学生  バイオマス部会員
         協賛会員(       学会・協会)  一般
・参加費: 14,000円(会員)  6,000円(学生) 15,000円(バイオマス部会員)
       16,000円(協賛会員)  20,000円(一般)
・懇親会(無料): 出  欠
・送金方法: 当日現金(領収書を発行します)
         郵便振替 
         銀行振込(  銀行、振込予定日: / 、請求書の 要・否)
   ※銀行振込の場合、( )内を必ずご連絡ください。
   ※請求書は必要な方にのみ発行しています。

E-mailで不可能の場合は参加申込書をFAXしてください。
C申込み先
 (お問合せ)
yuubin1.gif (842 バイト)101-0021 千代田区外神田6-5-4 偕楽ビル(外神田)6階
社団法人 日本エネルギー学会 「 第1回バイオマス科学会議 」 係
dennwa.gif (845 バイト)03-3834-6456 /fax 03-3834-6458 E-mail bio1@jie.or.jp
D参加費支払方法 事前にお振り込みください。当日現金も可能です。
(欠席・解約の場合、返却できませんので予めご了承ください。 )
郵便為替 振替口座00170-9-55504
(社)日本エネルギー学会
銀行振込 三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店 (普) 1772623
三井住友銀行 上野支店 (普) 7469252
〔口座名義:(社)日本エネルギー学会〕

 

*参加証は当日受付にて発行します。



--------------------------- き り と り 線 ---------------------------

FAX.03−3834−6458

2006.1.17〜18

日本エネルギー学会

第1回バイオマス科学会議 参加申込書

氏名(ふりがな)   TEL.
 
FAX.
 
E-mail
 
勤務先

 

部署名

 
所在地

参加者区分 会員  学生  バイオマス部会員  協賛会員(          学会・協会)  一般 
参加費 (会員)1,4000円、(学生)6,000円、(バイオマス部会員)15,000円 (協賛会員)16,000円、
(一般)20,000円 
懇親会 無料 ( 出席 ・ 欠席 )
送金方法 当日現金
郵便振替
銀行振込(          銀行、 振込予定日:  /  、 請求書:  要 ・ 否 )
※当該個所を○で囲んでください。
当日現金の方には領収書を発行いたします。
銀行振込の場合、振込先銀行名及び振込予定日、請求書の要否をご記入ください。
請求書は必要な方にのみ発行しております。

 

    イベント案内

トップページに戻る