日本エネルギー学会 第7回バイオマス科学会議 開催案内


  −再生可能エネルギーの一翼としてバイオマス研究の方向性を議論−

2012年1月18日(水)−1月19日(木)

主催 日本エネルギー学会 バイオマス部会
共催
国立大学法人岩手大学,公立大学法人岩手県立大学,(独)国立高等専門学校機構 一関工業高等専門学校,岩手県林業技術センター,(独)森林総合研究所東北 支所
後援 岩手県
協賛
(予定)
アルコール協会,エネルギー・資源学会,環境経済・政策学会,科学技術振興機構,化学工学会, 紙・パルプ技術協会,日本下水道協会,触媒学会,新エネルギー・産業技術総合開発機構,新エネルギー財団, 森林利用学会,石油学会,日本ガス協会,日本機械学会,日本森林学会,日本太陽エネルギー学会, 日本農学会,日本木材加工技術協会,日本木材学会,日本有機資源協会,農業農村工学会, 農林水産技術情報協会,バイオインダストリー協会,バイオマス利用研究会,廃棄物資源循環学会
 3月11日の東日本大震災による東北・関東地域での未曾有の被害に加えて,福島第一原子力発電所事故による放射能汚染の影響が依然として深刻な状況で続いています。一方で,いわゆる“脱原発”を巡って,原子力発電の再稼働に対する是非論が全国的に波及し,今夏は産学官民一丸となった節電・省エネへの取組みで乗り切れましたが,今冬以降の電力不足がさらに深刻化することが懸念されています。
 このような状況で,国内の木質バイオマス等の未利用資源の有効利用が促進されることが期待されており,特に災害地で多量に放置されている廃材等のバイオマス資源をその場で高効率に利用できるシステムの構築や中長期的視野に立った森林系バイオマスエネルギー産業の創成が喫緊の課題となっています。
 このような背景から,2012 年1月18 〜 20 日に岩手県・盛岡市で開催される第7回バイオマス科学会議では,“東日本大震災に関する合同フォーラム”を共催し,再生可能エネルギーの一翼を担うバイオマス資源を持続可能に,かつ地域分散・循環型で利用できるバイオマス産業の確立に向けた議論を喚起し,その早期実現を目指したいと考えています。バイオマス研究者や関係各位の皆様が,全国から盛岡に結集し,震災復興への明るい希望を灯して戴ければと心から期待しております。
 多数の皆様の積極的なご参加を望みます。
16dbal05b.gif (1027 バイト)日 時 2012年1月18日(水),1月19日(木),テクニカルツアー:20日(金)
16dbal05a.gif (1027 バイト)会 場

岩手県民情報交流センター(アイーナ)
(※アクセス → https://55099zzwd.coop.osaka-u.ac.jp/convention/
 講演会場・合同フォーラム会場、受付:アイーナホール(7F)
 ポスター会場:ギャラリーアイーナ(5F)

16dbal05a.gif (1027 バイト)懇親会 2012年1月18日(水)18:00〜20:00 
16dbal05a.gif (1027 バイト)会場 ホテルメトロポリタン盛岡ニューウィング 4F メトロポリタンホール

スケジュール

 1月18日(水)

午前

9:00− 9:10 開会挨拶
9:10−10:45 セッション1:資源・システム
10:55−12:30 セッション2:バイオエタノール
12:30−13:20 昼食

午後

13:20−14:20 ポスターセッション1
14:30−17:00 合同フォーラム
18:00−20:00 懇親会
 1月19日(木)

午前

9:00−10:35 セッション3:炭化等
10:45−11:45 ポスターセッション2
11:45−12:45 昼食

午後

12:45−14:20 セッション4:バイオリファイナリー・生物化学的変換
14:30−16:05 セッション5:ガス化
16:05−16:30 表彰式、閉会


◇ 研究発表    PDF(印刷用)→ 開催案内(案)プログラム(案)
          ※順次、最新情報に更新します。
合同フォーラム(岩手・木質バイオマス研究会,木勉会,岩手森林・林業会議と共催)
  〜バイオマス利活用を通じた東日本大震災復興への提言〜
  2012年1月18日(水) 14:30−17:00

  
  バイオマス部会の震災復興ワーキンググループが作成した提言案をもとに,再生可能エネルギーの一翼を
  担うバイオマス資源を持続可能に,かつ地域分散・循環型で利用できるバイオマス産業の確立に向けた
  議論を行う。
     司会  
        坂西 欣也 (バイオマス部会長,(独)産業技術総合研究所バイオマス研究センター長)
        山本 幸一 ((独)森林総合研究所東北支所長)
     パネリスト(敬称略)
        渡邊  裕  (岡山大学 研究推進産学官連携機構)
        前  一廣  (京都大学 地球環境学大学院)
        山口 勝洋  (サステナジー株式会社)
        小笠原清貴 (有限会社二和木材)
        関野  登  (岩手大学 農学部)
        高橋 幸男  (釜石地方森林組合)

【テクニカルツアー】:1月20日(金)(バスで移動)
   定員40名 
※(お陰様で定員となり、締め切りました(1/11))
   被災材からのボード製造工場,地域材利用の製材工場(岩手県宮古市方面)
   会費:5,000 円(会議参加費とは別途必要)
   ※(出発時間、集合場所が下記に変更となりました)

07:20       盛岡駅「西口」集合
07:30       盛岡駅西口バスターミナル発

10:00〜12:00  宮古ボード工業,宮古市仮設住宅(宮古市)
12:00〜14:00  車中昼食,移動中に沿岸の被災状況を視察
14:00〜15:00  ウッディかわい(宮古市(旧 川井村))
16:15       盛岡駅着
17:15       花巻空港着(18:30発 JAL 2190 便 大阪伊丹空港行きに接続)


【参考:見学先URL】
・宮古ボード工業(株)   http://www.miyako-board.co.jp/

【第7回バイオマス科学会議 特別企画】:プレ見学会(1月17日(火))のご案内
                
 下記の特別企画を実施します。
 ご希望の方は申込み方法のリンク先に添付されているFAXでお申込下さい。

1.集合場所:JR一ノ関駅 東口バス乗り場 (13:20集合)
2. 参加費: 2,000円( 拝観料込み ) 、人数: 40名 (先着順 )
3. 申込み〆切: 1月12日(木) ※締切りを延長しました。
    申込み方法
4.日程: 1月17日(火)
 13:20 JR一ノ関駅東口集合・バス乗車
 13:30 黒滝ガス化発電施設へ出発
 14:10 同施設 到着・見学
 15:10 同施設 出発
 15:40 中尊寺 到着・拝観
 17:00 JR一ノ関駅へ出発
 17:40 JR一ノ関駅に到着
 18:14 新幹線乗車 (料金は各自負担)
 18:52 JR盛岡駅 到着  
 

【企業展示について】:企業展示を希望される場合は事務局にご連絡下さい。
                ただし,大学・研究機関はご遠慮下さい。
                
Pencil_and_Paper31E5.gif (245 バイト) 参加申込要領
@申込締切
事前登録は締め切りました。

当日会場でも受け付けますのでご来場下さい。
 
A参加費 ◆研究発表・特別講演・パネル討論会(2012年1月18日(水),19日(木)) 
snkal01.gif (64 バイト)会員

14,000

snkal03.gif (64 バイト)学生・シニア会員

6,000

snkal10.gif (64 バイト)バイオマス部会員

15,000

snkal10.gif (64 バイト) 協賛団体会員

16,000

snkal02.gif (64 バイト)非会員

20,000

  *正会員、維持会員および賛助会員は会員扱いです。
  *協賛団体に所属の方は協賛団体会員扱いです。
  *論文発表者も事前に参加申込みをして下さい。

テクニカルツアー(2012年1月20日(金))
  5,000円(参加費は全員一律です)    
B申込み方法
事前登録は締め切りました。

当日会場でも受け付けますのでご来場下さい。
C連絡先 yuubin1.gif (842 バイト)101-0021 千代田区外神田6-5-4 偕楽ビル(外神田)6F
一般社団法人 日本エネルギー学会 「 第7回バイオマス科学会議 」 係
dennwa.gif (845 バイト)03-3834-6456 /fax 03-3834-6458 
E-mail: jie-events1921@jie.or.jp
D参加費支払方法 銀行振込の場合は,3日前までに下記にお振込み下さい。
当日の現金支払いも可能です。
(欠席・解約の場合、返却できませんので予めご了承下さい。)

銀行振込 
  ゆうちょ銀行 振替口座 00170-9-55504
  三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店 (普)1772623
  三井住友銀行 上野支店       (普)7469252
    〔口座名義:一般社団法人日本エネルギー学会〕

  *参加証は当日受付にて発行します。

※なお、発表者の論文原稿の提出締切は12月1日(木)(厳守)です。
下記を参照して下さい。
バイオマス発表募集

--------------------------------きりとり--------------------------------

FAX:03-3834-6458

  2012.1.18〜20                                日本エネルギー学会

第7回バイオマス科学会議 参加申込書
氏名  
所属
会社/学校
 
部課名
学科名
 
住所
TEL  
FAX  
e-mail  
研究発表・
特別講演・
パネル討論会
 □会員 14,000円  
 □学生・シニア会員 6,000円
 □バイオマス部会員 15,000円
 □協賛会員 16,000円(学会・協会名       )  
 □非会員 20,000円 
出  欠
懇談会  無料 出  欠
テクニカルツアー  5,000円   

出  欠
支払方法  □当日現金 
 □ゆうちょ銀行 □三菱東京UFJ銀行 □三井住友銀行
 (振込予定日-  月  日)
   ※選択部分は該当する項目の□に印をご記入下さい。
   ※銀行振込の場合,振込先及び振込予定日をご記入下さい。

 

トップページに戻る