天然ガス部会 科学分科会シンポジウム
〜天然ガス及びその周辺先端技術〜

主催:

日本エネルギー学会 天然ガス部会科学分科会 触媒学会 メタン関連触媒研究会

協賛:
(予定)

エネルギー・資源学会、化学工学会、自動車技術会、石油学会、 石油技術協会、天然ガス鉱業会、日本化学会、日本ガス協会、日本機械学会、 日本工学会、日本自動車工業会、日本鉄鋼協会、日本油化学会
 


 低炭素社会を形成する上で天然ガスが世界的に注目されています。特に,天然ガスの化学的転換技術は,企業や大学で技術開 発が活発化しており,今後実用化されるポテンシャルの高い有望な技術が生み出されつつあります。天然ガスを原料とした合成 ガス・水素製造技術はエネルギーに深く関与し,また,微生物分解によるバイオマスエネルギーも目覚ましい発展を遂げています。
 このような状況より,「天然ガス及びその周辺先端技術」をテーマに,シンポジウムを開催致します。天然ガス及びその周辺技 術を俯瞰するために,企業や大学等で生まれつつあるこれらの最新技術を紹介します。この機会に多数のご参加をお待ちしてお ります。  


 
●日時: 2010 年4月22日(木) 13:00〜17:00
 
●会場: 東京ガス本社 2階大ホール(東京都港区海岸1-5-20)
※アクセス→http://www.tokyo-gas.co.jp/Annai/office/chizu01.html

●定員: 100名

プログラム

司会  日本エネルギー学会天然ガス部会 科学分科会副会長  小俣 光司

  13:00−13:10

開会挨拶
 日本エネルギー学会天然ガス部会 科学分科会会長  椿 範立

1.13:10―14:00

「海外におけるバイオマスエネルギーの展開」
 株式会社KRI 環境・エネルギー技術コンサルティング部  若山 樹

2.14:00―14:50

「クールアース革新技術計画と低炭素水素エネルギーシステムの新展開」
 財団法人エネルギー総合工学研究所  坂田 興

  14:50―15:10

休憩  

3.15:10―16:00 「メタンのベンゼンへの流動層直接改質触媒及びプロセス開発」
 独立行政法人産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門  張 戦国

4.16:00―16:50

「触媒の酸化を利用した炭化水素の酸化的改質反応の常温・瞬間駆動」
 大分大学 工学部 応用化学科  永岡 勝俊

  16:50−17:00

閉会挨拶
 触媒学会 メタン関連触媒研究会 会長  朝見 賢二

    
※参加申込要領
(1)申込締切 2010 年4月21日(水) 12:00 事前登録は締め切りました。
(2)参加費 会   員: 5,000円  当会(正会員,維持会員賛助会員
学   生: 2,000円 (学生会員および非会員学生)
協賛会員: 6,000円 (協賛頂いた団体の個人会員,維持会員)
非会員  : 7,000円 
(3)申込方法 事前登録は締め切りました。

当日の受付も致しますのでご来場下さい。

(4)申込先 〒101−0021 東京都千代田区外神田 6−5−4
          偕楽ビル(外神田)6F 
   日本エネルギー学会 「天然ガス部会シンポジウム」係
   TEL:03-3834-6456,  FAX:03-3834-6458
   
e-mail:担当先
(5)支払方法 銀行振込の場合は、3日前までに下記にお振込み下さい。
当日の現金支払いも可能です。
ゆうちょ銀行 振替口座 00170-9-55504
三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店 (普)1772623
三井住友銀行 上野支店  (普)7469252
[口座名義   社団法人 日本エネルギー学会]
参加費は欠席・解約の場合返却できませんので、予めご了承下さい。
参加証は発行致しませんのでご了承下さい。

 

--------------------------------きりとり--------------------------------

FAX:03-3834-6458

天然ガス部会 科学分科会シンポジウム(2010.4.22)参加申込書
(フリガナ)
氏  名
 
所  属
(勤務先/学校)
 
部署名
(学科名)
 
住所
TEL  
FAX  
e-mail  
参加区分  □会員 5,000円    □学生 2,000円

 □協賛団体会員 6,000円(学会・協会名            )

 □非会員 7,000円  
支払方法  □当日現金 
 □ゆうちょ銀行 □三菱東京UFJ銀行 □三井住友銀行
 (振込予定日-  月  日)
   ※選択部分は該当する項目の□に印をご記入ください。
   ※銀行振込の場合,振込先及び振込予定日をご記入ください。