日本エネルギー学会 第5回バイオマス科学会議 開催案内


      −2030年、2050年に向けて、バイオマスの研究の方向性を議論−

2010年1月20日(水)−1月21日(木)

主催 日本エネルギー学会 バイオマス部会
共催
早稲田大学環境総合研究センター,早稲田大学日米研究機構,PEGASUS研究会, 日本エネルギー学会「エネルギー学」部会
後援 あきる野市,東京都新宿区
協賛
(予定)
アルコール協会,エネルギー・資源学会,環境経済・政策学会,科学技術振興機構,化学工学会,紙・パルプ技術協会,日本下水道協会,触媒学会,新エネルギー・産業技術総合開発機構,新エネルギー財団,森林バイオマス利用学会,森林利用学会,石油学会,日本ガス協会,日本機械学会,日本森林学会,日本太陽エネルギー学会,日本農学会,日本木材加工技術協会,日本木材学会,日本有機資源協会,農業土木学会,農林水産技術情報協会,バイオインダストリー協会, バイオマス利用研究会,廃棄物資源循環学会,木質バイオマス利用研究会
 昨年の石油価格の高騰と世界的な金融危機の到来は、いま小康状態を迎えてはいるものの、エコカーブームや電気自動車へ転換などの大きなうねりが始まるなど、バイオマス利用についても大きな課題を投げかけています。これまでの、食料との競合、プランテーション開発に伴う諸問題に加えて、内燃機関自体の限界が指摘される中、バイオマス燃料は輸送用燃料としての役割を、あるいは、分散型発電への展望をどう開くのかが迫られています。
 また、わが国が進めてきた各種バイオマスプロジェクトも多様な成果を挙げてきました。一方で、これからの課題も山積しています。本バイオマス科学会議は、第四期科学技術基本計画策定にも携わっておられる有本健男氏(JST社会技術研究開発センター長)を特別講演にお招きし、早稲田大学にて開催されます。社会の中の科学という側面にも自覚を持ちつつ、バイオマスの未来と科学に新たなページを開くための活発な議論の場としてご活用戴きたいと存じます。多数の皆様のご参加を期待しております。
16dbal05b.gif (1027 バイト)日 時 2010年1月20日(水),21日(木),テクニカルツアー:22 日(金)
16dbal05a.gif (1027 バイト)会 場

早稲田大学国際会議場(18号館)
住所:〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1
 (※アクセス → http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html

16dbal05a.gif (1027 バイト)懇親会 2010年1月20日(水) 18:00〜20:00
16dbal05a.gif (1027 バイト)会場 大隈ガーデンハウス

スケジュール

 1月20日(水)

午前

9:00− 9:10 開会挨拶
9:10−10:45 セッション1:技術1
10:55−12:30 セッション2:技術2

午後

13:30−14:30 ポスター1
14:40−16:15 セッション3:資源
16:30−17:30 【特別講演】
18:00−20:00 懇親会(大隈ガーデンハウス)
 1月21日(木)

午前

9:00−10:35 セッション4:導入・システム
10:45−11:45 ポスター2

午後

12:45−14:20 セッション5:政策
14:30−16:30 【パネル討論会】
16:30−16:45 ポスター賞授与、閉会挨拶


◇ 研究発表    PDF(印刷用)→ 開催案内(案)program(案)
          ※順次、最新情報に更新します。

◇ 【特別講演】:2010年1月20日(水) 16:30−17:30
           「持続的発展のための科学技術・イノベーション政策」
                 司会  堀尾正靱(バイオマス部会長、早稲田大学)
                          (JST社会技術研究開発センター(RISTEX)センター長
             (兼 研究開発戦略センター(CRDS)副センター長))
                                 有本 建男

パネル討論会:2010年1月21日(木) 14:30−16:30
           「2050年に向けたバイオマス戦略」
                     司会  堀尾正靱(バイオマス部会長、早稲田大学)
            パネラー(案)各パネラーからレクチャー、その後、自由討議
              崎田裕子 (ジャーナリスト・環境カウンセラー)
              鮫島正浩(東京大学)
              山地憲治(東京大学)

◇ 【テクニカルツアー】:1月22日(金)(バスで移動、定員40名)

  ツアーは定員になり締め切りました(1/8)
  
ありがとうございました。
森林バイオマス利用最前線 (東京都 あきる野市)
10:00  早稲田大学本部前(詳細集合場所は未定) 集合
11:20  JR武蔵五日市駅前立ち寄り(ここから参加も可)
11:30  あきるの市「瀬音の湯」到着
     あきる野市バイオマスタウン構想・スターリングエンジン説明
     スターリングエンジン発電システム(館内電源)
     木質バイオマス利用給湯システム
12:30  昼食、(平行して木質バイオマス利用システムに関する懇談)
13:30  あきるの市「瀬音の湯」出発
14:00  市内周辺市町村の木質バイオマス利用を見学
     (森林組合、ペレット製造、木質マテリアル利用、都市山村連携現場)
16:00  あきる野市出発(武蔵五日市駅経由)
17:30  早稲田大学本部前 到着

Pencil_and_Paper31E5.gif (245 バイト) 参加申込要領
@申込締切 事前登録は締め切りました。

当日会場でも受け付けますのでご来場下さい。
A参加費 ◆研究発表・特別講演・パネル討論会(2010年1月20日(水),21日(木)) 
snkal01.gif (64 バイト)会員

14,000

snkal10.gif (64 バイト)バイオマス部会員

15,000

snkal10.gif (64 バイト) 協賛団体会員

16,000

snkal02.gif (64 バイト)非会員

20,000

snkal03.gif (64 バイト)学生

6,000

  *正会員、維持会員および賛助会員は会員扱いです。
  *協賛団体に所属の方は協賛団体会員扱いです。
  *論文発表者も事前に参加申込みをして下さい。

テクニカルツアー(2010年1月22日(金))
  4,000円(参加費は全員一律です)    
  ツアーは定員になり締め切りました(1/8)。
B申込み方法 事前登録は締め切りました。

当日会場でも受け付けますのでご来場下さい。

C連絡先 yuubin1.gif (842 バイト)101-0021 千代田区外神田6-5-4 偕楽ビル(外神田)6F
社団法人 日本エネルギー学会 「 第5回バイオマス科学会議 」 係
dennwa.gif (845 バイト)03-3834-6456 /fax 03-3834-6458 
E-mail events_jie1921@jie.or.jp
D参加費支払方法 事前にお振り込みください。
(欠席・解約の場合、返却できませんので予めご了承ください。)
銀行振込 ゆうちょ銀行 振替口座 00170-9-55504
      三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店 (普)1772623
      三井住友銀行 上野支店       (普)7469252
    〔口座名義:(社)日本エネルギー学会〕

  *参加証は当日受付にて発行します。

※なお、発表者の論文原稿締切は12月11日(金)です。下記参照。
http://www.jie.or.jp/2010/bio/bio5happyo.htm

 

トップページに戻る