日本エネルギー学会 天然ガス部会資源分科会シンポジウム
未曾有のエネルギー環境激変
〜天然ガス安定調達への道を探る〜

主催:

日本エネルギー学会天然ガス部会資源分科会

協賛:
(予定)

エネルギー・資源学会、化学工学会、自動車技術会、触媒学会、石油学会、
石油技術協会、天然ガス鉱業会、日本化学会、日本ガス協会、日本機械学会、日本工学会、日本鉄鋼協会、日本油化学会

 


 異常な高騰を続け昨年夏にピークを迎えた油価はその後の金融危機とともに一挙に大幅下落,産業界の環境は激変し,エネル ギーの需給動向は混迷を極めています。このような状況の中,このたび日本エネルギー学会天然ガス部会資源分科会では,今後 の「日本の天然ガス・LNG の安定調達を考える」シンポジウムを企画しました。
 昨年から今年にかけての最新の天然ガス・LNG 調達状況の変化を象徴する題材・出来事とその背景をご紹介し,今後の方向性を考える上で役立てて頂ける機会になるものと思 います。多数のご参加をお待ちしております。  


 
●日時: 2009年6月29日(月)13:30 〜 17:30
 
●会場: 全国家電会館 5F
(文京区湯島3-6-1 TEL:03-3832-4291)
※アクセス→http://www.jie.or.jp/kadenkaikan_map.htm

●定員: 150名

●技術懇談会: 講師と共に 17:30〜(19:30) 同ビル地下1階「華城」(TEL.03-3832-4297)

プログラム(予定)

13:30-13:35  

開会挨拶
  島田 荘平 (天然ガス部会 資源分科会長)

1.13:35-14:20

天然ガス・LNG を取り巻く市況変化の最新状況(供給側の視点から)
  石井 彰  ((独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)) 

2.14:20-15:05

最近の天然ガス・LNG 市場をめぐる情勢 〜需要側の動向を中心に〜
  小林 良和 ((財)日本エネルギー経済研究所)

3.15:05-15:50

シェールガス 〜米国の新たな巨大天然ガス資源〜
  伊原 賢 ((独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC))

15:50-16:00 休憩

4.16:00-16:45

サハリン2プロジェクト稼動 〜新しいLNG 供給国の出現〜
  永澤 達生 (三井物産(株))
 

5.16:45-17:30

LNG 液化プラント設備の開発動向 〜最新の技術トレンド〜
  八ッ橋 由男 (日揮(株))
 

17:30

閉会挨拶
  藤田 和男 (天然ガス部会長)

       ※講演内容が当初案(学会誌記載案)より変更になりました。
         事後の変更で大変恐縮ですがご了承下さい。


  
※参加申込要領
(1)申込締切 2009年6月26日(金)
(2)参加費 学生:    3,000円 (学生会員および非会員学生)
会員:    6,000円 (正会員,維持会員賛助会員
協賛会員: 7,000円 (協賛団体の個人会員,維持会員)

一般:    8,000円 (非会員)


技術懇談会費: 3,000円(一律)
(3)参加申込方法 事前受付は終了しました。
会場にて当日も受付をいたします。

(4)申込先 〒101−0021 東京都千代田区外神田 6−5−4
          偕楽ビル(外神田)6F 
   日本エネルギー学会 天然ガス部会シンポジウム係
   TEL:03-3834-6456,  FAX:03-3834-6458
   
e-mail:events_jie2008@jie.or.jp
(5)支払方法 当日の現金支払い(できるだけ釣り銭のないように)を歓迎します。
振込の場合は下記宛でお願いします。
(欠席・解約の場合、参加費は返却できません。予めご了承ください。)

銀行振込  
 ゆうちょ銀行 振替口座 00170-9-55504
 三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店 (普)1772623
 三井住友銀行 上野支店 (普)7469252
[口座名義 社団法人 日本エネルギー学会]

*参加証は発行しませんのでご了承ください。